ランディングページの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れるコトバクリエイター
石川奈穂です。

ランディングページ(以下、LP)は、
ビジネスをしていたら必要になる時がありますよね。

今日は、ランディングページの文章について
わかりやすくまとめました。

もちろん、WEBサイトですから
ライティングも、デザインもプロに頼むのが一番いい。

でも、自分で作りたい場合もあります。

特に、女性が一人で起業している場合
資金面でもプロに頼める余裕はありません。

今は無料や格安でテンプレートを使って
サイトが自作できるサービスもありますので、
それを使って作ることができます。

ただ、やみくもに
書きたいことを書いていては
ターゲットの心を掴むことはできません。

LPの文章には守るべきルールが3つあります。

ルールその①

ターゲットの立場に立って書く!

ターゲットが求めている情報はなんですか?
ターゲットが喜ぶ言葉ってなんですか?
ターゲットはどんなことで悩んでいますか?
ターゲットはどんな欲求を持っていますか?
ターゲットはどんな気持ちでそのLPを読むでしょうか?

これを常に念頭に置いて文章を考えてください。

決して、あなたが書きたいことを書いてはいけません。

ターゲットの気持ち、知識レベル、悩み欲求に沿って書いてくださいね。

となると、自ずと、専門用語なんて出てこないはず。
小学5年生でも理解できる文章をめざして書いてください。

 

ルールその②

その先のイイことを書く!

セールスコピーライティングの用語で言うと、
ベネフィットに置き換えて書く!ということです。

ベネフィットとは、その商品サービスの特徴から得られるイイことです。

例えば、私のコンテンツのひとつである
ビジネスプロフィールについて書きますと…

「ビジネスに使えるプロフィールの書き方をお教えします」

ではなく、

「あなたの魅力と価値が伝わって、ファンが増える
ビジネスプロフィールの書き方をお教えします」

という風に書くんです。

つまり、商品サービスの特徴の説明で終わらず、
その特徴からもたらされるハッピーな未来を語るんです。

スマホの場合は
防水機能(単なるスペックの説明)

海や山のレジャーにも安心です(ん~まだまだ足りない!もうひと越え!)

夏休み、水辺ではしゃぐお子さんの笑顔の写真が増えます!

と、ここまで変換するのです。

人は、行間を読んだり、想像したりしてくれません。
文字として書いてあげないと、幸せなハッピーを想像できないんです。

さらにターゲットは、ハッピーな未来が見えないとモノを買いません。

ターゲットの心理状態をどれだけ想像できるかが、文章のクオリティーに反映されます。

 

ルールその③

型を守る!

LPには流れに型があります。
人の心理に沿った流れになっているので、この流れは普遍的です。

その流れの型とはこうです。

①ターゲットへの呼びかけ

②キャッチコピー

③プレゼント情報

④こんなお悩みありませんか

⑤お悩みを解決できるメカニズム

⑥お客様の声

⑦あなたのプロフィール

⑧申込方法・価格など

⑨Q&A

⑩追伸

何をどういう順番で書けばいいのかに迷ったら
この型を守るようにしてみてください。

読み手であるターゲットは
スムーズに読み進めることができるでしょう。

女性がひとりで起業したら、
多くの方が自分で情報発信しなくてはならない
という壁に直面します。

そこで初めてハッとするのです。
「どう書けばいいの??」

そんな方の駆け込み寺として
私は活動しているわけですが、
ぜひお一人さま起業女性のみなさんには
書く力を養っていってほしいと願ってやみません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP